Let’s note CF-LX5をレビュー~中古購入して1年経過しました

Let’s noteの14インチサイズは大画面かつ軽量で人気の高いノートパソコンです。新品は30万円前後ですが、中古でお得に購入しました。

私の希望の条件に合う、Let’s noteのLXシリーズ(機種CF-LX5P29VS)を購入し1年が経ちました。2020年11月に購入し、1年使った2021年11月時点の感想を記録します。バッテリーのへたりがあるのかのBattery reportも載せています。

購入の経緯

購入前は、新品で購入したMicrosoftのSurface Laptop2を使っていました。しかし購入から1年半後に起動しなくなり、修理もできませんでした。

替えのパソコンをすぐに欲しい状態でした。

そこで以前使って使い心地も良かった&頑丈なLet’s noteに絞ってノートパソコンを探し始めました。Let’s noteはこれまでも中古でお得に購入していたので、今回も中古で探しました。

希望条件

↓こんな条件で探しました

・パナソニック Let’s noteで中古

・主なスペック
画面サイズ→14インチ
CPU→Core i5
ストレージ→SSD 256GB
メモリ→8GB

・予算4~5万円

・保証期間が長め

・その他
内臓ドライブ不要。
外装に傷があってもいい(むしろそれで安くなっていると良い)

こんな条件で探し、PC WRAPという中古パソコンショップで希望の商品がありました。

Let’s noteを買う時に様々なショップを比べました。その中でオススメできる6店をリストにしたこちらもどうぞ↓

Let's note中古オススメショップ6選~在庫数や保証期間で比較してみた
人気の高いLet's noteの購入をためらうのは、値段の高さではないでしょうか。 新品購入では高いですが、Let's noteは中古パソコンショップでの取り扱いが多く、格安でLet's noteを購入することができます。 中古...

保証期間

Surface Laptop2のときに保証期間1年を過ぎて半年後に壊れたことがどうしても気になったので、保証期間3年のPC WRAPにしました。

中古パソコンの保証期間はたいてい1か月程度で、1年で長いと思います。しかし更に長い3年というところに安心です。

もちろんLet’s noteは頑丈が売りで、バッテリーを自分で交換できたりと、購入者に優しい設計です。なので保証期間3年も要らないかもしれませんが、Surface Laptop2のことがあったので保証期間の長いPC WRAPにしました。

(Surface Laptop2は壊れましたが、使用感は凄く凄く良かったです)

購入基本情報

購入機種:Let’s note CF-LX5P29VS
購入時期:2020年11月
ショップ:PC WRAP
金額:46,800円
商品状態:外装一部傷あり

機種CF-LX5P29VSのスペック
・Intel(R) Core(TM) i5-6300U CPU @ 2.40GHz 2.50 GHz
・SSD 256GB
・メモリ 8GB
・OS Windows 10 Pro(64ビット)
・画面 14インチ アスペクト比16:9
・グラフィックス HD Graphics 520
・ドライブ無し
・サイズ 幅33cm×奥行22cm×厚み2.5cm
・重量 1.15kg

Let’s note LXシリーズ

画面が大きいのが良いので、Let’s noteの中で最も大きいサイズである14インチのシリーズを選びました。

【中古でよくみる14インチのLet’s note】
LXシリーズ(これを購入)
LVシリーズ(LXの後継)

LVシリーズは、LXの後継シリーズです。LXの方が古いシリーズです。なのでLXの方が中古価格が安い傾向があります。

法人モデル

Let’s noteには個人モデルと法人モデルがあります。同じLXシリーズでも、個人向けと法人向けがあります。法人モデルは新品価格が30万円以下で、この価格が会社の会計処理の関係(全額損金算入できる)で好まれます。

見分け方をご紹介すると、機種末尾がSJのものが法人モデルです。(見分け方

購入した機種CF-LX5P29VSは、末尾がSなので法人モデルだと分かります。

希望条件で探していたら、たまたまこの法人モデルの機種に辿り着いただけで、法人モデルを最初から探したわけではないです。個人向けより法人モデルの方が中古でよく見かけます。

1年使った感想

では1年使った感想です。前提として、こんな↓利用頻度と使っているソフトでの感想です。

【1年間の利用頻度】
・1週間に5~6日間
・1日3時間~8時間程度
【利用ソフト】
・Microsoft Office(別売購入)
・動画ソフト(aviutl)で簡単な編集
・音声ソフト(Audacity)で簡単な編集
・Zoom
・Skype

メリット

・動作が安定している
CPUがCorei5、メモリ8GBのスペックで、複数の軽い作業をしていてもフリーズになったことはないです。
ブラウザで複数のタブを開いて、YouTubeの動画を流しながら、エクセルを入力する程度の複数作業を頻繁にしていますが、ストレス無くスムーズな動きです。

ただ、昔のIllustratorのソフトを動かそうとしたとき、フリーズしました。Illustratorのような高負荷なソフトには向いていないです。ちなみにIllustratorの昔のバージョンはフリーズしましたが、今のサブスクタイプのIllustratorはフリーズしませんでした。相性かもしれません。

・軽い
1週間に2度ほどは鞄に入れて持ち歩きます。1.15kgなので持ち歩きも苦ではないです。

・充実のインターフェース
Let’s noteの特徴でもある、充分なインターフェースも良いです。USB-TypeAが4つ、LANコネクター、HDMI、RGB、SDカード、ヘッドホン用、マイク用と豊富です。
前に使っていたSurface Laptop2はUSB1つ、Mini DisplayPort、ヘッドホン用だけでした。USBが1つでは足りないのと、HDMIが無いのも不便で別途ハブを持ち歩いていました。

インターフェースが少ないとスッキリ見えるかもしれませんが、Let’s noteのように最初から豊富なインターフェースがあるのが良いと思っています。

デメリット

・アスペクト比が16:9
画面の縦と横の長さの比率をアスペクト比といいます。好みはアスペクト比3:2なのですが、購入したのは16:9です。購入前から分かっていたとはいえ、3:2が恋しいです。(3:2の良さについて書いたこちらもどうぞ)

Let’s noteでアスペクト比3:2の製品は増えてきていますが、中古市場にはまだ少ないです。次に購入するときぐらいには、中古にも増えていたら良いなぁ。

Let's noteおすすめは【FV】【QV】【XZ】シリーズ~アスペクト比3:2は強い!
ノートパソコンで根強い人気のLet's note 軽く丈夫でスペックが豊富なところで人気ですが、ディスプレイについてもオススメできます。 なぜならアスペクト比3:2のディスプレイのLet's noteが発売されたからです。 私...

・キー配列(FnとCtrl)
Let’s noteのキーボードの配列は、Fn(ファンクション)キーが左下の端にあり、その右横にCtrl(コントロール)キーがあります。

前に使っていたキーボードがこれの反対だったため、時々間違えます。

キーボードの配列は、システムで変更もできるのでそれをすれば良いだけの話です。めんどくさがって設定していないだけです。

バッテリーのへたり→無し

購入時から1年経った今も、バッテリーのへたりは無いです。

WindowsのBattery reportの結果はこちら↓

DESIGN CAPACITY(購入時のバッテリー容量)と、FULL CHARGE CAPACITY(現時点のフルチャージ容量)が同じでヘタっていないことが分かります。

実際の使用感も、フル充電から5~6時間使えるのは購入時も1年経った現在も同じです。

まとめ

Let’s noteのLXシリーズ(機種CF-LX5P29VS)の1年使用レビューを書きました。

一言でいって満足です。

私のパソコン利用状況に合うスペック、持ち運びやすい軽量ボディを気に入っています。

ほぼ唯一と言っていい、気に入っていないところは(画面のアスペクト比が3:2ではない)は、購入前から分かっていたとはいえ、次回買い替えるときは3:2のLet’s noteにする予定です。

ただ3:2で14インチのLet’s note FVシリーズはまだまだ中古には出てこないです。(12インチならXZシリーズが中古でもよく販売されています)

FVシリーズが中古で買えるようになるまでは、今のノートパソコンを使い続けるつもりです。

Let’s noteの中古購入を検討中の方は、↓もご参考ください。

Let's note中古オススメショップ6選~在庫数や保証期間で比較してみた
人気の高いLet's noteの購入をためらうのは、値段の高さではないでしょうか。 新品購入では高いですが、Let's noteは中古パソコンショップでの取り扱いが多く、格安でLet's noteを購入することができます。 中古...
タイトルとURLをコピーしました